【活動報告】 関西支部 懇親会と活動報告

関西支部の活動は
今年も、秋のつどいに向けてのケーキ作りをいたしました。


今年は、関西在住になられ同窓会活動へ初参加の会員との出会いがございました。
「同窓生というだけで輪に入れていただけて幸せです」との心のこもったお言葉を伺い、準備をいたしました私共の心を温かく慰労し、力づけてくださいました。
まさに同窓会というのは、会員同士がお互いに穏やかな交流をすることにより、普段の生活をリセットして日々の生活へ戻れる機会・場になればと思いました。


11/20には、レストランで定例の関西支部懇親会を開催いたしました。
今年はシスター林のお話を伺いました。福島の南相馬へ年に数回も活動に参加なさっておられるお話、(一般社団法人)カリタス南相馬の現状のお話を伺う貴重なひと時でした。
副会長、副会長補佐のお二人にもご遠方よりご出席いただきまして、世代を超えて和気あいあいとした時間となりました。JASHの総会に出席させていただいた折に、「同窓会活動の3本柱」とは、「1社会のため、 2母校のため、 3会員同士の交流のため」と伺いました。


関西支部は会員数は100名弱のメンバーですが、コツコツとこの思いに添えるように引き続き活動させていただきたく思っております

2019年11月28日